いいもの、見つけた

【デルスタ編集部のいいもの、見つけた!】「ノーブル~♪」な香りの“味変”氷砂糖・シロップ。

2020.2.7

紅茶にお砂糖を入れなくなったのはいつのことやら。紅茶の甘いのが嫌になったのか、「砂糖」というワードに対する罪悪感かもはや定かではない。そんな私が最近、「FOR A GOOD CUP OF TEA 」と書かれたキャンディス(=氷砂糖)・シロップにはまっている。

旧ドイツ王室御用達のミヒェルゼンが出しているもので、いろいろなフレーバーがあるらしいが、私が好きなのは、ZIMT(シナモン)がほのかに香るはちみつとメープルシロップに漬かったキャンディス。

さらっとしたシロップと、ころんとしたキャンディスのコンビがとてもよい。なにより、紅茶の中で氷砂糖が溶けていくのを見届ける時間がなんとも優雅な感覚なのだ。もちろん入れる量にもよるのだけれど、私的には香りも甘さもどことなく品があって、今のところアールグレイとの組み合わせが最強である。

デルスタ編集部・キャット

空とか葉っぱとか匂いとかで季節を感じると、旬の食べものとそれに合うお酒のことばかり考えてしまう。そんな煩悩を少しでも戒めるべく、室礼のお教室で季節や旬の意味をお勉強中。