会いたかった人

【ずっと会いたかった人】幸せのプリンを作る人、料理研究家の内田真美さん(1/4)

2020.3.19

「憧れのプリン」として、ずっと愛されているレシピがあります。卵多めで、ちょっとクラシカル。大きな丸型で作るダイナミックなプリンです。考案者は、料理研究家・内田真美さん。どうしても、その味を教えてもらいたくて伺ってきました。

内田さんには、お茶の話、台湾の話、手作りのおいしいものの話など、4回に分けてたっぷりお話を紹介します。

内田さんの作る大きなプリン、「幸せのプリン」と呼ばれていますね?
「夢にまで出てくるプリン」とか「母さんのプリン」とか、いろいろな呼び方をされています(笑)。初めてレシピを発表してから10年以上、プリンがだんだん大きくなっていって、今は直径18㎝の丸型に。皆、大きなプリンには大喜びします。作って一晩冷蔵庫でねかせるのだけれど、翌日、型から抜かずに持っていけるので、おもたせにも好都合なんです。皆の前で、えいっとお皿に移す。ここが肝心で、一番の盛り上がり。子どもは歓声をあげるし、意外にすごく喜ぶのは男性。男性って、自分の知っている味が好きですよね(笑)。さ、始めますね。静かに(顔、真剣)。こうして(器のぐるりにナイフを入れ、プリンを切り離す)。ン!(お皿をのせて、もち上げて降り下げる)。あ~、うまくできました!!
「えいやっ!」とばかりにひっくり返して、大成功! この場に立ち会えて何て幸せなのだろうとギャラリーが感じた瞬間。予想以上のわくわく。内田さんも、思わずスマイル。
切り分けても立っていて、感動です。何が違うのでしょう?
そう。切って、取り分けても崩れないのです。卵の分量が多いのだけれど、工夫はひとつではなくて、そこまで行きつくまでに山ほど試作しました。でも、これが完成形ではなくて、まだレシピは動いています。それは、私が「自分でおいしいと思う、偏愛する味」を追究したいから。この分析好きは、昔からですね。初めてパリに行ったときも、テーマを決めて同じものを食べ比べ、何がどう違うのか、なぜこうなるのか、頭にデータを積み重ねていました。プリンも同じ。使うオーブンも違えば、作る状況も違うわけですから、何度も作って、それぞれの家庭の味を作ってもらえればいいなと思っています。
断面も美しく、持ち上げても崩れない!「今日は、直径18㎝のお客様サイズなので、これで8人分です」
口の中にふわ~っと広がるバニラの香り。舌触りもなめらかです!
よかった! プリンって、嫌いな人が少ないんですね。材料も知っているものだし、安心のデザートです。「料理」は日常生活の延長だから「できて当たり前」と思われてしまうのだけれど、お菓子を手作りするって「特別感」があるんですね。自分のためにわざわざ作ってくれた、大切にされているんだと思う気持ちが、幸福感につながるのかもしれませんね。ひとりで食べるお菓子もいいけれど、こうして一緒においしいものを食べると、楽しい時間になります。さ、召し上がってくださいね。
なぜ大きいプリンですか? と聞かれることもあるが、「実は大きいほうが焼きやすいですよ」と内田さんは笑う。焼きが足りないと思ったら、2,3分焼き足すなどして調節ができるから。
プリンを切る内田さんの手元に注目していましたが、肌がとてもきれいです。
いえいえ、手にもポツポツが少し。肌が白いので、小さいころから運動会や夏のプールの時間に、すぐ真っ赤に日焼けしてしまっていたんですね。だから、UVケアは欠かさないですね。外出するときは、顔にも手の甲にも。ただ、私にとって「きれい」の優先順位って、割と低いんです。それより、子どもや家庭のことが第一優先ですし、読みたい本、旅行のこと、書籍のことなど、他にしなければならないこと、したいことが山ほど。メイクもほとんどしません。だから、日常のスキンケアは吟味したものを選びたいと思っています。
左から、デルメッド プレミアム ローション、エッセンス、UVベイス。毎日のケアをするだけで、美白ケアをしてくれる。
https://www.dermed.jp/item/basic/index.php

●第2回は、内田さんが愛する「お茶」や「茶器」の話をお伝えします。

内田真美(うちだ・まみ)

料理研究家

長崎県生まれ。夫と娘の3人家族。雑誌や書籍、広告などで活躍。20年以上台湾に通い、自分で確かめた味、確かめた場所をガイドする『私的台湾食記帖』『私的台北好味帖』が好評。他にも『最後にうれしいお菓子たち』『洋風料理 私のルール』など。今年、新刊刊行予定。

Instagram @muccida

撮影・青木和義 ヘア&メイク・広瀬あつこ 構成と文・越川典子

プレゼント 内田真美さんおすすめのガラスポットとお茶のセット

抽選で2名様に、内田真美さんが愛用している、繊細で美しいガラスポットと中国茶をセットしてプレゼントします。ご友人でもある武内由佳理さん(TEALABO.t)のオリジナルガラスポット(22,000円)とセレクト茶葉「中国紅茶/金駿眉」「台湾烏龍/阿里山蜜香烏龍」(各2,160円)のセットです。お茶が開き、美しい色に変化する様子を見ながら、お茶の香りと味をお楽しみください(何煎か淹れることもできるので、変化も味わえます)。このお茶に合うお菓子も探すのも楽しいです。