会いたかった人

【ずっと会いたかった人】ベジブーケ・デザイナーの小山美千代さん(2)

2019.5.30

採れたての野菜を花束のように束ねた「ベジブーケ®」は、贈る人も贈られる人も笑顔になる新しいギフト。ベジブーケの第一人者小山美千代さんに、ベジブーケを作る喜びについて聞きました。

春のベジブーケにぴったりの野菜は何でしょう。
春は、新しいことを始めたり、新たな出会いがあったりと、ワクワクすることが多い季節です。黄色やオレンジ、赤、淡い緑色など華やかで元気が出るような色合いの野菜を束ねたいですね。同時に、旬の野菜のおいしさを知って欲しいので、ラディッシュ、菜花、アスパラ、ニンジンなど、今朝採れたばかりの春野菜を束ねます。まだまだ寒い日もありますから、スープにするとおいしい野菜だけを束ねたベジブーケもおすすめです。タマネギ、ジャガイモ、ニンジン、ニンニクをごろっと束ねた「カレー」のブーケや、ミニトマト、ミニカボチャ、ナス、パプリカ、月桂樹などをまとめた「ラタトゥイユ」のブーケなど料理を想定したベジブーケを作るのも楽しいですよ。
ベジブーケには、小山さんが育てた野菜のほか、生産者の顔がわかる野菜を使う。
今日の主役野菜はどれでしょうか。
今日はぽかぽかと暖かく春らしい陽気ですね。春の到来を祝福するような、鮮やかな黄色の野菜を主役に立てましょう。ニンジンは今朝畑で採れたものを。黄色のニンジンは「イエローハーモニー」、クリーム色は「クリームハーモニー」という名がついているんですよ。名前も春らしくて心躍りますね。発色の良いパプリカは茨城県水戸市の農家から届いたばかりのものを。つやつやと立体感のある野菜をサントウサイや紫コマツナなどの柔らかい葉野菜が包み込み、さらにケールや黒キャベツなどのダイナミックな野菜が根っこごと加わることで、ボリュームと奥行きが出て、あっと驚くようなベジブーケができあがります。
茎や根ごと収穫できない野菜は竹串を使って高さを出すことで、ほかの野菜と一緒に束ねられるようになる。
赤ちゃんを抱っこしているような心地よい重みですね。
ケールや黒キャベツなど重みのある野菜を使ったベジブーケは、3キロほどにもなります。それはちょうど生まれたばかりの赤ちゃんくらいの重さ。とても片手では持てないので、両腕で抱えるように持つと、本当に赤ちゃんを抱っこしているような気持ちになります。同時に、採れたて野菜の濃厚な香りが鼻をくすぐり、野菜からほとばしる生命力に圧倒されます。抱っこするように持っていただくことで、「野菜の一生」に思いを馳せてもらいたい。ふかふかの土の上に種がまかれたとき。土からチョコンとかわいい芽が顔を出したとき。ぐんぐん葉を広げ、たくましく伸びていく姿。花をつけ、実がなり、鮮やかな色に変わっていく様子。ベジブーケの重みは、野菜の命の重みなのだと思います。
「大きくなったね」「おいしそうに色づいたね」と心の中で野菜に声をかけながら、ベジブーケを作る。
根っこごと束ねるとは驚きです。
根が付いていると、野菜が土からどうやって生えていたのかがわかるでしょう。野菜のありのままの姿を知り、肌で感じてもらうために、スーパーでは捨てられてしまうような茎や葉もできるだけ残すようにしています。ベジブーケのコンセプトは「畑をまるごと届ける」ですから。それに、ブーケをほどいたあと、根付きの野菜をそのまま花瓶に入れて水耕栽培すれば、必要な分だけ葉を「収穫」して料理に使うことができます。長い時間その野菜と一緒に過ごすことができるんですよ。挿し木にして自分の庭で育てるのもおすすめです。そうすれば、「飾る」「食べる」「育てる」と野菜を二重にも三重にも楽しむことができます。
あちらこちらに根を伸ばす黒キャベツ。土の中でたくましく根を伸ばしていた姿が想像できる。
小山さんが考える理想の肌を教えてください。
毎日畑に立つ私ですが、実は、長時間日に当たると炎症やかゆみが起こる敏感肌。紫外線対策は欠かせないのに、つけると涙が止まらなくなる日焼け止めがあるなど、肌に合った日焼け止めを見つけるのにずいぶん苦労しました。つけた瞬間からつけている間中、心地よく過ごせる日焼け止めに出会ってからは、顔だけでなく、手、腕にもしっかりつけています。最近は、ベジブーケの教室で手元を見られることも多いから、意識してケアを始めました。理想の肌ですか? そうですね。できれば、採れたて野菜のようなつややかさを持った肌でありたい……。ですが、長年肌トラブルに悩んできたこともあって、実はあんまり多くは求めていないんです。肌の痛みやかゆみを気にすることなく思いっきり笑えればそれがいちばん。笑うってことは、元気ってことですから。人に笑顔とサプライズを届ける仕事ですので、何より私自身が元気でなくてはと思っています。
基礎化粧品は寝室の化粧台の上が定位置。眠る前に鏡を見ながらケアをする。
左から、デルメッド プレミアム UVベイス、デルメッド プレミアム エッセンス、デルメッド プレミアム ローション。

小山美千代(こやま・みちよ)

ベジブーケ・デザイナー。千葉県の農家に生まれる。幼少よりフラワーアレンジメント、華道を学ぶ。インテリア業界、花業界で活動後、都内のブライダルホールで専任ブーケデザイナーとなる。出産を機に夫とともに実家である伊藤苗木に就農し、里山暮らしを始める。2006年、野菜の美しさに目ざめ、ベジブーケの制作を始めると、新聞や雑誌、テレビなどで紹介され、ベジタブルフラワー装飾の第一人者となる。2013年、ベジブーケの普及のため美千代デザイン株式会社を設立。

撮影・青木和義 ヘア&メイク・レイナ 文・高橋顕子 構成・越川典子

プレゼント|小山美千代さんのベジブーケ

抽選で5名様に、小山美千代さんデザインのベジブーケをプレゼント。畑から採れたばかり、色とりどりの夏野菜をふんだんに使った美しいブーケです(写真とは内容が異なります。また、野菜のご指定はできません)。