会いたかった人

【ずっと会いたかった人】インテリアスタイリストの石井佳苗さん(3)

2019.9.5

ここは、インテリアスタイリスト・石井佳苗さんの事務所兼ご自宅。訪問して気づくのは、何度か訪れたことがあるような居心地のよさでした。初めて訪れたのに、なぜこんなに心地がいいのでしょう。その秘密が、話を伺っているうちにわかってきました。

石井さんにとっての「居心地のよさ」って何ですか。
年齢や環境が変わるにつれ、自分にとっての居心地のよさも変わります。でも、一方で変わらないものもある。私にとっては、「動くもの」。「生きているもの」「呼吸するもの」と表現してもいいと思います。ずいぶん前になりますが、都内で事務所を構えていたときに、気づいたことがありました。見渡すと、何もかもがピターッと静止していて、そんな空間は何て寂しいのだろう、と思ったんですね。当時から3匹の猫を飼っていましたが、視界のどこかに動いている存在がないと私の心は満たされない。自分が好きなもの、心地がいいもの、心を満たしてくれるもの、私の暮らしはほとんどがそれらでできていると思います。
女性のオブジェは、フランスのミシェル・レイモンドの作。お尻など、女性の一部を強調する作風。「もう高齢だと思いますが、いつ見てもどきどきします。並んで座るのは、父猫のポポ。ものを落とすことなく動くのは、猫は前足のところに後ろ足がのるかららしいです。ものを落とすとしたら、それはわざと、です」(石井さん)
室内に、植物や花も多いですね。それも心を満たすものですか。
そうですね。ベランダはもちろんですが、鉢植えは部屋のあちこらに置いたり、吊り下げたり。いつの間にか枝葉が伸びて、花が咲き、枯れた葉が落ちます。生きているんです。切り花でも同じです。毎日見ていると、つぼみが少しずつ花開いて…。生きて、動いている。それを感じて私は安心して、気持ちをととのえることができるんです。引っ越し好きの私が一つだけ譲れないことがあって、それは「窓から緑が見えること」なんですが、それは「自然」を感じることができるからなんです。鳥が止まって、飛び立つのが見えたり、さえずりが聞こえたり。風が吹けば、木々の枝が動きます。私の暮らしには欠かせないんです。
仕事用の資料を入れている棚にも鉢植えが。ランプや燭台、動物の彫刻に混じり、生命力を発しながらも調和している。
動くものと言えば、石井さんの部屋には、モビールも目につきますね。
モビールがなぜ好きかというと、動きによって空気の流れが目でわかるから。たくさんもっていて、季節や気分、そのときのしつらえによって掛け替えます。今とても気に入っているのは、音楽家でパーカッション演奏家でもあるゲーリー・クヴィスタッドが作ったウインドチャイム(ウッドストック・パーカッション社)です。名前の通り、風が吹くと、金属の筒がふれあって、なんとも美しい音色を奏でます。風がないときは、手で揺らして、癒しの音に浸っています。皆さんへのプレゼントに選びましたので、ぜひ応募して、体感してほしいと思います。
丸テーブルの上の照明、大好きなフラワーベースに挿した花。壁のオブジェに、エアプランツ。石井さんの向かって右後ろに下がっているのが、ウィンドチャイム。
部屋にいる人も、インテリアを構成するひとつの要素なのでしょうか。
たしかにそうですね。そこにいる自分も、インテリアの一部として無意識に考えているかもしれません。「動くもの」が好きという話ですが、考えてみれば、女性の髪は動くものの最たるもの。同性の私でも女性を見るときに髪は目に入ります。若々しさの象徴でもありますし。私自身はずっと黒髪のボブだったのですが、ブラウンとアッシュの2色でカラーリングした話はしましたよね。すると、気分も明るくなって、周りの評判もいい。インテリアはよく変えるのに、自分自身を変えることはなかったと気づきました。私が目指すのは、おしゃれでかわいいおばあさん。変わることを怖れず、チャレンジしたい。だから、髪も元気でいるように、デルメッド ヘアエッセンスを使い始めました。
髪は女性にとって印象を左右する大切なアイテム。地肌から髪を育てたいから、使い始めた、デルメッド ヘアエッセンス。抜け毛が減ったように感じている。
https://www.dermed.jp/item/haircare/index.php

石井佳苗(いしい・かなえ)インテリアスタイリスト

インテリアの大手家具メーカー、カッシーナに勤務後、独立。インテリアスタイリストとして、またDIYの名手として、雑誌やウェブサイト、広告などで活躍。自宅をDIYでセルフリノベーションして大きな話題に、DIYブームを牽引した。その工程はすべて『Love Customizer 1,2』に収めた。他に『DAILY LIFE』『Heima』などの著書がある。主宰するウェブマガジン「Love customizer」http://www.kanaeishii-stylist.com/

撮影・黒川ひろみ ヘア&メイク・レイナ 構成/文・越川典子

プレゼント|石井佳苗さんセレクト「ウインドチャイム」

抽選で5名様に、風にゆれるたびに美しい音色を奏でる「ウインドチャイム」。写真は、「ルン」という種類で、音色は古代中国の調べ。脳がリラックスすることもわかっているとか。窓辺や玄関に吊るして、楽しみます。